ゲームのネタ帳

思いつくままにネタを書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

敵キャラ

ライゼル・ウィズリック 
 シアの兄。研究中にバンダースナッチに憑かれ、バンダースナッチ召喚の為に利用される。
 「我を閉じ込めた神々よ…後悔の時だ!」
ツール カード:スペード
 魔族とエルフの間に生まれたダークエルフ。エルフ族滅亡を企みライゼルに同行
 「エルフ?古びた種族にこの俺が止められるはず無いだろ」
リスカ カード:ダイヤ
 魔族と恋に落ち、精霊の里を追い出される。恋人を殺された恨みからライゼルに同行
 「出てこい僕達よ…精霊族を食い尽くしてしまえ…」
ルシエル
 闇の研究に没頭。研究内容が里に知れ、追い出される。ジャバウォック召喚に興味
 「ふぉっほっほ…これは良い者が作れそうじゃわい」
ゴルドバ
 竜族と魔族のハーフ。力試しと言って人里を襲っていたところをライゼルに誘惑され同行
 「おらおら!もっと骨のある奴はいねぇのかよ!」
ニクス
 魔王否定派。魔人族を殺し、自分が王に成り代わろうとする
 「ふん、腰抜けのカルディリア家などさっさと潰れてしまえば良いんだわ」
フォルト
 ニクスの弟。ニクス同様魔王否定派で、好戦的
 「争いの無い世界とかつまらなくて反吐が出る」
ショウ カード:クローバー
 精霊族と魔族のハーフ。リスカに同調しライゼルに同行。
 「ライゼル様の邪魔をする者、このショウが全力で排除する」
唯鈴  カード:ハート
 水神族と魔族のハーフ。水を汚すと里を追い出される。珠々の幼馴染
 「私はね、あんたの歌が大嫌いなのよ!」

ジャバウォック
 バンダースナッチ召喚の儀式に必要な神獣。ルシエルによって召喚される。
バンダースナッチ
 世界を牛耳ろうとライゼルを操り、自らの復活を目論む神獣。

スポンサーサイト
キャラクター | コメント:1 | トラックバック:2 |

キャラ

Kingdom of Legend  キャラクターデータ

葛城 アリス(カツラギ アリス)
特徴:少し勝気なところはあるが、普段は笑顔を絶やさない元気な女の子。
戦闘:ツッコミ時のハンマー(味方用:序盤)
   防御魔法(ライトスタッフ所持中:後半)
備考:本ストーリーの主人公。見た目と実年齢がかみ合ってない高校生
   見た目はどんなに頑張っても中学生くらいである。
   非力で戦闘には向かないが、ぶち切れると巨大なハンマーを軽く振り回す。
   後半に入ると強力な防御魔法を覚え、守りの分野で活躍する。ペチャパイ

エルダ・アシュフォード
特徴:頑固一徹。無口なわけではないが興味が無い事には口出ししない。
戦闘:エルフアロー(弓)(実際の矢と魔法の矢を使い分ける)
   ナイフ(弓を構える隙を作るために用いる投げナイフ)
備考:長身が多いエルフ族の中で珍しく小さいエルダ。コンプレックスを感じているらしく
   身長を馬鹿にされると怒る。メンバー内最年少である。
   エルフ族集落の中で一番大きな村の族長を父親に持ち、次期族長として弓の稽古だけは
   みっちりと教え込まれている為、その技術は大人顔負けである。

珠々 (ジュジュ)
特徴:活発で好奇心旺盛。かなりミーハー 微乳
戦闘:水弾(陸用:湿気の無いところでは負荷が掛かる)
   水圧(水中用:大量の水があるところ限定)
備考:水神族である珠々は水を操ることを得意とする。陸用の足と水中用の足を自由に
   切り替えることが出来るが、熱い風呂に入るときは陸用の足でないとすぐ
   逆上せてしまうらしい。
   親が勝手に決めたフィアンセが気に入らず、飛び出してきた家出娘。
   体力が無いのでもっぱら援護にまわる。

リルリアス・ジョアーナ
特徴:普段は至って温厚だが、怒ると怖い 好青年
戦闘:右鏡(吸い込み専用:氣が続く限り吸い込める)
    左鏡(吐き出し専用:右鏡で吸い込んだものを吐き出す・召還も出来る)
備考:通称リアス。精霊族の魔法技術と人間の氣を合わせ持つリアスは
   一風変わった魔法タイプと言える。氣で作られた右鏡は何でも吸い込めるが
   氣を持つもの(人間)は吸い込めない。見た目の細さからは想像も出来ない
   力で壁を壊すことがある。

レイラ・C・クリス・カルディリア
特徴:非常に短気。明るく笑うことは無い。冷静 ナイスバディ 美女
戦闘:炎(通常:変化自在)
   炎魔銃(通常:魔力で作り上げるので取り出し自由)
   炎蛇(封呪開放時:時間制限あり)
   夢現(覚醒時:夜のみ)読み方:むげん
備考:魔人族王室の証であるカルディリアを名乗ることは無く
   旅の目的も他人に話すことは無い。
   純血の魔人族だがハーフだと偽っている。
   底知らぬ魔力を持ちで射撃系の武器も得意とする
   夜になると覚醒しサキュパスの属性を持つが故に、誰かと寝床を共にすることは無い。
   メンバーと旅を続けつつ旅の目的である父の敵を捜し歩いている。

レイナルド・C・クリス・カルディリア
特徴:たまに軽口を叩くが純粋純真。冷静な判断も出来る。やさしい青年 美青年
戦闘:デスシザース(大鎌)(通常:魔力で作り上げるので取り出し自由)
   タロット(通常&印開放時:魔力が吹き込まれたカード)
   月居(覚醒時)読み方:つきおり
備考:レイドと呼ばれる彼は姉のレイラ同様、カルディリアを名乗らずハーフだと偽っている。
   現魔王である彼が人里に出るだけで災いの種となるからだ。
   結婚済みで、国は妻にまかせっきり。
   旅の目的は「姉貴のお守り」と軽く言うが
   封呪開放時のレイラを抑えられる唯一の存在である
   掌に月の印があり普段は手袋等で隠しているが、タロットを使うときは手袋を外す。

ガーナ・ディル・バレンティオ
特徴:義理と人情を重んじる。後先考えずに行動する馬鹿でもある。
戦闘:聖竜の剣(片手剣)(通常:飛竜宿り時のみ魔法剣)
   ドラグナー(飛竜召還時)
備考:バレンティオは王室名だが面倒だという理由からあまり名乗らない。
   飛竜を呼び出すと王室だとバレるので
   普段は剣に宿らせたままであるのも面倒だからだそうだ。
   猪突猛進で人を怒らせるのが得意(笑)種族をあまり気にする事が無く
   良く言えば懐が広い人物である。

ギルナ・グランユウス・バレンティオ
特徴:責任感が強く、真面目。苦労人 紳士的
戦闘:ギガントブレード(両手剣)(通常時)
   丸薬(鬼人化:飲むと爆発的な腕力を引き出す事が出来る)
備考:バレンティオを名乗っているが彼は分家である。ガーナの守護を命じられた可哀想な人。
   身長のわりに体重が重いのは
   重い両手剣を振る為に筋肉トレーニングを欠かさないからである。
   メンバー内のお兄さん的存在。人が傷つくのを見るのが嫌いらしく
   争いごとはあまり好まないが、味方が危なくなると助けようとする

ティアラ・エリノア
特徴:常に無口で何を考えているのかよくわからない、麗人
戦闘:シルフガントレット(格闘)(通常時)
   水晶(占い用:魔法防御効果付)
備考:沈着冷静でよほどの事が無いと言葉を発することが無い。無関心という訳ではないので
   同調行動などで気持ちを伝えようとする場合もある。アリスがティラと呼んでから
   その呼び名が定着している。リアスと知り合いらしいがリアス本人はティラの事を
   あまり気に入ってはいないようだ。たまに微笑む時もあるが、普段は無表情である。

シア・ウィズリック
特徴:常にドジを踏む天然娘。怒らない
戦闘:召還(緊急時)
備考:気配りを忘れず、笑顔を忘れず、お決まりのドジで場を和ます癒し系。
   常識外れのドジっぷりに突っ込まれる事もしばしば。
   悲しい事はすぐ忘れてしまう楽天家。
   戦闘には不向きで、氣で幻獣が呼び出せるのは身の危険を感じた時のみ…しかも自動。
   怒った事が無いので彼女が怒るとどうなるかは誰も知らない。

キャラクター | コメント:0 | トラックバック:2 |

てすと

テスト
テスト | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。